インターネット

IPアドレスがIPv6だった時のGoogleアナリティクスで自分のビューをカウントさせない方法

自分のアクセスを除外する方法

WordPressのテーマを無料テーマから有料テーマに変更したときに、Googleアナリティクスで自分のビューがカウントされるようになってしまい、試行錯誤した末、無事解決。

この記事はわたしが実際にやった方法を書きました。

 

無料テーマを使っていたときは、All In One SEO Packで、Googleアナリティクスで自分のビューを除外していました。

All In One SEO Packでの除外の設定は、GoogleアナリティクスIDを入力する項目の下の項目でトラッキングからユーザーを除外にチェックを入れて設定を更新すればOK。

 

WordPressを無料テーマから有料テーマのJINに変更したとき、All In One SEO Packの必要なくなり削除。

このとき、All In One SEO Packの設定で自分のアクセスを除外していたことをすっかり忘れていて、なぜ自分のアクセスがカウントされるようになってしまっているのか不思議でなりませんでした。

 

ネットでいろいろと調べていてやっと気づいて新たに設定をしなおしてパソコンもスマホも、無事自分のビューはカウントされなくなりました。

 

Googleアナリティクスで自分のビューを除外する方法

ワードプレスにサイトマップ

自分のIPアドレスを調べる

 

IPアドレスってどうやって調べたらいいの?
難しそう!

って思いましたが、実はとても簡単。

ネットで「IPアドレス 調べ方」で検索すればすぐにわかります。

12桁の数字が出てくるので、それが自分のIPアドレスです。

でもここで注意!

 

IPアドレスには、IPv4 と IPv6 があります。

IPv4は4ブロックに分かれた計12桁の数字です。

IPv6は英数字で8ブロックに分かれています。

 

IPアドレスは一つだけと思い込んでいて、このIPv4の数字でGoogleアナリティクスで設定しようとして失敗。

何回試してみても、自分のビューがカウントされてしまう。

 

それでまた調べなおしてやっと解決となりました。

わたしがIPアドレスを調べたサイトはこちら

ページに移動するとIPv4とIPv6が同時に表示されます。

 

白塗りにしていますが、一番上がIPv4で二番目がIPv6が表示されます。

まずIPv4で試して、だめだったらIPv6で設定。

 

Googleアナリティクスの設定方法

 

  1. Googleアナリティクスの管理画面に行きます
  2. 画面右端の「ビュー」の下のほうにあるフィルタをクリック
  3. 好きなフィルタ名を決めます。わたしは「自分を除外」にしてます。
  4. フィルタの種類。私は「定義済み」にしています。

「定義済み」の下は、

「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「前方が一致」にしました。

最後にIPアドレスの入力。

わたしはIPv6だったので、最初の4ブロックをコピペして終了。

以上がわたしがやった、Googleアナリティクスで自分のビューを除外する方法でした。