雑記

うちの旦那さんがメンタルやられて退職、再就職できるまで

再就職

現在48歳になる主人の再就職活動の記録。

 

20年務めた会社を自主退職

うちの主人は大学卒業後、地元でチェーン展開している小売店に就職が決まりました。

アルバイト経験は一度もなく、働くのはこの会社が初めてのことでした。

まじめに働いて順調に出世をし、店長になるまでもう少し、年収も600万円近くなっていました。

 

主人が退職する2年くらい前のこと、雇われだった社長と上層部が突然解雇され、経営陣が総入れ替えとなる事態に。

 

当然経営方針が変わるわけで、お給料と退職金の査定方法もがらりと変わりお給料は以前の半分くらいになってしまいました。

店長を務めていた人たちも次々と降格となり、主人も平社員に。

若い社員がが次々と中堅社員達の上司になり、メンタルやられて退職者が続出。

仕事の内容的に、上司がベテランである必要はないし時代の流れで仕方のないこと。

とはいえ、ひどい仕打ち!!

 

これで中堅社員の給料が下がったといっても、若手社員よりは高め。

会社としては自主退職待ちだったのでしょう。

 

うちの主人も段々とお酒の量が増えていき、最終的にはメンタルクリニック通いとなりました。

体が心配で退職を勧めましたが、なかなか受け入れてくれない。

 

この仕事しか知らない主人は再就職できる自信がなかったようです。

 

メンタルやられて自主退職

病院でうつと診断され、自殺でもするのではないかと心配でした。

1年間は再就職できなくても大丈夫という条件で、なんとか主人を退職させることに成功。

 

20年務めた会社、退職金は僅か200万円。

失業保険は本人の希望で受給申請しませんでした。
プライドが高め、損な性格です。

主人のことが心配な反面、娘の大学受験などもあり先行きが不安な時期でした。

 

再就職活動

仕事探しは100%ネットです。

 

主人がいいなと思った仕事のほとんどが、ある程度のパソコンでの事務作業ができないと採用不可でした。

今まで仕事において、WordやExcelを使うことはなく、まったく知識がありませんでした。

専門書を買って、独学で勉強。
検定にも合格。

再就職者向けのセミナーにも通い、出来る限りの努力もしていました。

 

5回目の面接が不採用になったころから、モチベーションは下がる一方。

高望みな会社に面接に行っていたわけではなく、給料18万円とか。

 

そして就職できないまま1年近く経過。

 

 

仕事が決まる

結局、手に職ではないかと。

 

わたしは20年近くセラピスト業をやってます。

アロマトリートメント、リフレクソロジー、ボディケア。

働きたいと思えば仕事はすぐに見つかります。

 

主人には就職することにこだわらず、手に職をつけたらどうかと提案しました。

正社員ではなく、個人事業主となってしまいますが渋々のOKしてくれました。

 

面接で落とされることはほぼなくて、無料研修に入る前に勤務先は決まります。

自分の希望するお店に空きがあれば、そこで働くことができます。

僅か1か月のスパルタ方式でボディケアとリフレクソロジーの技術を習得。

終了後、主人の施術を受けました。

 

ビックリするくらい下手くそ!!

とてもじゃないけどお客様につけるレベルではない!!

一般的には歩合制なので、忙しいお店で働けばいい収入になります。

 

そんな状態から4年。

社内でのレベルアップの試験で、自分が受けれるものはすべて受けて合格。

地道にスキルと施術回数を伸ばす努力を重ねました。

 

そしてある日、グループ会社の正社員募集のメール。

どうしてもサラリーマンに戻りたかった主人は、面接を受けました。

結果は採用。

厚生年金に戻れた!

個人事業主のセラピストとして勤務した、勤務態度、成績など向上心を持ち続けた賜物です。

 

主人の現在の様子

経費の立替が多い
今月も経費の立替が多すぎ!!会社の経費立替へで貧乏暮らし主人の仕事がら、通勤場所が一ヵ所ではないため、毎日の通勤費から出張するときの新幹線代まですべて立替えです。なぜか飛行機とホテルは立替えではなく、主人が選んで会社に報告すると会社で手配してくれます。それなのに、なぜ新幹線は立替えなのか、とても謎。とりあえず、新幹線代はネット予約をするので、クレジットカード払いにしてます。...

主人の再就職のまとめ

わかりきったことですが、40代の転職は厳しい。

うちの主人の場合

  • 一貫した高いスキルを持っていない。
  • 20年継続して同じ会社で働いても、評価はされない。
  • むしろ転職経験はあった方がいいと思う。
  • 失業保険は受給手続きをした方がいい、ぜったい!

わたしは去年、体調不良で仕事を辞めて失業保険の手続きをしました。
病気退職だったので、待期期間はなく受給することができました。
働いていたころのお給料の手取り額は13万円弱。
失業保険は11万円ほど受給してました。
とても助かりました。

 

仕事がうまくいかなくて、うつになって仕事を辞める。

そして辞めたはいいが、再就職できない。

今はこんな人達が多い時代です。

 

わたしとしては、病気になるくらい嫌な会社だったらさっさと見限って次の就職先を決めてから退職してほしかったというのが本音でした。

 

うちの主人のやり方は決してお手本になるものではありません。

仕事を探すとき、自分にできる仕事を前提に探すことが多いと思いますが、なかなか再就職できないときには、中高年であっても新しい世界に飛び込んでいくことも大事なこと。

その中でスキルを磨く努力を忘れないことはとても大事。

 

努力はたま~にではありますが、報われることがあるもの。

長く生きているとわかることですが、努力は報われないことの方が多い気がします。

 

人生山あり谷あり、結構な確率でわたしは谷。

 

貯金はすっからかんになりましたが、まぁまぁ結果オーライ。